第15回高校生以外のための俳句甲子園(まる裏)

2017.01.11.Wed.03:54

成り行きで初の松山行きを決意して、大会直前にあるきしちはるさん、谷口詠美さんとチーム「ダイオウイカ」を結成(3人一組) ところが詠美さんがインフルエンザに倒れ、急遽ウェンズデー正人さんに助っ人を頼むことに。
波乱の幕開けでした。
自句中心に振り返ります。

[予選]お題「宝」

手足なき地球従へ宝船

どよめきが起きる難解さ。それでも五分で一句作らねばなりません。
三句ほど浮かびましたが、前日の夜有志で行った袋回しで出来たフレーズを採用しました。9点、まあまあで3人の合計点2位で本戦進出!食事もろくに取れず本戦の題詠を三十分でこなしました。


[本戦]


準々決勝「埋火」

くしやくしやの春画一枚埋火よ

これは用意なしに考えた句ですが、炉端というとなぜか春画を思い浮かべる私。
自分では類想です。

準決勝「梟」

梟の森に銀枝の伸ぶるまで


これも用意無しに考えた句。夏井組長には採って頂けませんでしたが、銀枝(ぎんし)は霧氷や樹氷をイメージしたつもりです。




決勝「雪」

始祖鳥の影ごと石となり深雪


毎年決勝のお題はこれなので、ダメ元で考えておいたものです。袋回しでも好評だったので自信はある程度ありました。打ち上げの際組長や五十嵐先生にも褒めて頂き身に余る光栄でした。




他の二人のようにディベートには貢献できませんでしたが三句とも一応勝ったのでチームに貢献できたかなと思ってます。前日の夜袋回しを共にしためろさん、クズウさん、更紗さん、関屋さん、さなさん、はまゆうさん、ももさん、そして紗耶さんのおかげの優勝です。多謝!
(ちなみに雑詠を三十句ほど準備して臨みました。)

FBなどで応援して下さった皆様もありがとうございます!
そして何よりちはるさん、正人くん、非力な私を引っ張ってくれて感謝感激!

戦って下さったチームの方もフェアプレイで嬉しかったです。

チャンヒさんに頂いた優勝句俳画…




ありがとうございます!


参加しました。応援して頂ける方1日1回ぽちっとな♪




コメント
No title
決勝は毎年「雪」だというのは知ってたけど、本戦の準々決勝、準決勝は5分の即吟なんですね。

FB速報では、予選は名前が出てきたのでどれが誰の句か分かったけど、本選は、どの句が誰の句かわからず、トポルさんから「誰の句?」と訊かれても「わからん」としか答えられませんでした。

が、何となく句柄で、「これは探花さんぽい」と思ったのが「銀枝」の句。
あと二つは、てっきり正人くんの句かと。

審査は、会場と舞台上の審査員、両方の旗の数で勝敗を決めるのですか?

それにしてもやはりこういうところでは、瞬発力とともに、長年の蓄積が試されますね。

どういう努力や準備が普段から必要だと思いましたか?

参加してみたいと思っている人たちのためにに、「これはやっておいたほうがいいよ」というものなど、何かアドバイスがありましたら、教えていただけますか。
No title
まず言葉たらずを修正。決勝の三句は予選と違い30分時間がもらえます。雪の句は作ってあったので一句15分程は使えます。だいぶ予選と比べると余裕があります。
審査員の先生は壇上の下にいらっしゃいます。4名+FB審査で旗は5本です。会場の聴衆は審査に参加できません。
まる裏の準備としては一に即吟練習、それに自信がない場合は俳句の種(雑詠句)を多く準備していくことです。
私はツイッターで毎日5時に林先生(‪@twryossy)‬が出される「今日の季語」でなんでもいいからまず5分で一句作り、その後よく考えてもう一度作るのを習慣にしています。練習なので出来た句を思い切ってツイートして周りの反応(いいね)をみるのもいいですね。なかなか句会に行けない人にとってプチ句会になります。
上出来の句は本句会にまわしてもいいし、出来が悪いときは無理してツイートすることもないですが毎日ツイートする方が目標が明確になります。

とは言いつつやはり即吟に自信がなかったので私は雑詠句を30句ほど作っていきました。
12文字の俳句の種でもOKです。

雑詠の出来の良し悪しは自分でもわかりづらいものです。
句会にしょっちゅう出られず自句に自信が無い方も多いかと。
その場合まる裏に前日入りして仲間と「袋回し」をお勧めします。
参加者が一人封筒を一つ持って、そこに自由にお題を書きます。
それを伏せて隣に回し、スタートと共にお題を見て5分間で一句以上つくり句を書いた封筒に入れます。(短冊を多めに作っておくとよい)
その繰り返しで自分の封筒が手元に帰るまで続けます。
私は9人でやったので5分×9=45分!
そのあと封筒内の気に入った句に並選、特選をつけてまた回します。
自分の封筒が帰ってきたら得点集計、といった塩梅です。

なぜこれが良いかというと、即吟を養うのはもちろん、手持ちの雑詠句のフレーズが受けるか評価されるかどうか試すことも出来るからです。
私の始祖鳥の句もこの袋回しで高評価を得て本番提出を決意しました。
もちろん、自信があっても一顧だにされない句もありましたが。

以上が私の考えるまる裏必勝法です。
わかりづらいところがあったらなんでも質問して下さいね。
No title
探花さん、お疲れがまだ残っているところなのに、早速お返事ありがとうございます!

掲示板への書き込みもありがとうございました!

やはり毎日の積み重ね、「普段」がものをいうんですね!

探花さんの底力の秘密、大いに刺激になりましたよ!

書き込みを読んでのお礼と質問を、掲示板のほうへ書きましたので、またお時間のあるときにお返事いただけたらうれしいです。
比々きさん
比々きさんおはようございます!過分なお褒めの言葉恐縮です。せっかくみなさん俳句の力があるのにツイッターなどで普段の積み重ねをしないのはもったいないと常日頃思っており、このような機会があったので提言してみました。
掲示板のほうも欠かさずチェックしております。運営にはご苦労も多いかと思われますが頑張ってくださいね!

管理者にだけ表示を許可する