第15回高校生以外のための俳句甲子園(まる裏)

2017.01.11.Wed.03:54

成り行きで初の松山行きを決意して、大会直前にあるきしちはるさん、谷口詠美さんとチーム「ダイオウイカ」を結成(3人一組) ところが詠美さんがインフルエンザに倒れ、急遽ウェンズデー正人さんに助っ人を頼むことに。
波乱の幕開けでした。
自句中心に振り返ります。

[予選]お題「宝」

手足なき地球従へ宝船

どよめきが起きる難解さ。それでも五分で一句作らねばなりません。
三句ほど浮かびましたが、前日の夜有志で行った袋回しで出来たフレーズを採用しました。9点、まあまあで3人の合計点2位で本戦進出!食事もろくに取れず本戦の題詠を三十分でこなしました。


[本戦]


準々決勝「埋火」

くしやくしやの春画一枚埋火よ

これは用意なしに考えた句ですが、炉端というとなぜか春画を思い浮かべる私。
自分では類想です。

準決勝「梟」

梟の森に銀枝の伸ぶるまで


これも用意無しに考えた句。夏井組長には採って頂けませんでしたが、銀枝(ぎんし)は霧氷や樹氷をイメージしたつもりです。




決勝「雪」

始祖鳥の影ごと石となり深雪


毎年決勝のお題はこれなので、ダメ元で考えておいたものです。袋回しでも好評だったので自信はある程度ありました。打ち上げの際組長や五十嵐先生にも褒めて頂き身に余る光栄でした。




他の二人のようにディベートには貢献できませんでしたが三句とも一応勝ったのでチームに貢献できたかなと思ってます。前日の夜袋回しを共にしためろさん、クズウさん、更紗さん、関屋さん、さなさん、はまゆうさん、ももさん、そして紗耶さんのおかげの優勝です。多謝!
(ちなみに雑詠を三十句ほど準備して臨みました。)

FBなどで応援して下さった皆様もありがとうございます!
そして何よりちはるさん、正人くん、非力な私を引っ張ってくれて感謝感激!

戦って下さったチームの方もフェアプレイで嬉しかったです。

チャンヒさんに頂いた優勝句俳画…




ありがとうございます!


参加しました。応援して頂ける方1日1回ぽちっとな♪