見上ぐれば欅ちりりと紅葉す

2013.10.30.Wed.05:00
見上ぐれば欅(けやき)ちりりと紅葉す(季語:紅葉)

keyaki.jpg


今回は完全に写真俳句ですね。
母の付添いで医者に行った帰りのコンビニでパシャリ。車の出入りが
怖かったので中途半端な写真に。センスないなぁとつくづく思います。

もし臨時収入があったら、流行りの一眼レフカメラとなんでも載っている
分厚い歳時記が欲しいところです。もっとも、道具が良くても下手なものは
隠しようがないので、それこそ豚に真珠でしょうか。ただ、一眼レフは
我慢するとしても、歳時記は角川以上のものを一冊持ちたいですね。

最近参加した俳句ポスト365で先々週の兼題が「鵙(もず)」だったのですが
角川で調べたところ傍題として「鵙の贄」があったので、深く考えず鵙の贄
について詠んで投句したものの、昨日HPを見たら「鵙」と「鵙の贄」は
別物であり、大きな歳時記では別項として扱われているので、「鵙の贄」の
投句は一席・二席にあたる「天」「地」に選ばれないとのことでした。
(まず私には無理ですが、可能性が無くなるというのは夢のないことなので)
考えてみれば鵙と鵙の贄は全く違うものであり、私の認識不足であったのですが、
これはくやしい!実に残念です。

そんな理由もあって今狙っているのが、講談社の
『新日本大歳時記』です。季題の写真なども充実しているそうで一日中
眺めていても面白そう。それに花でも鳥でもまず名と姿が一致しないと句の世界が
広がらないと思いますし・・・。
スマホに角川第四版をインストールしたばかりですが、新しいものに次々
手を出したがる困った探花でありました。


参加しました。応援して頂ける方1日1回ぽちっとな♪

コメント
おはようございます
「見上ぐれば欅(けやき)ちりりと紅葉す」
この「ちりり」が創意的でいいですよね。
私の詠む句は、どうも類句がありそうなものに偏ります。
創意性のある句を心がけたいと思っているのですが。

私は、季語は、検索で調べることにしています。
何しろ、眼が悪いものですから、歳時記を見ていると疲れるんです。
歳時記を見るのは楽しいのですがね。
鎌ちゃんさん
おはようございます!コメントありがとうございます♪
ほのかに赤く色づいている様子が、ちょっとちりちりの髪のよう
にも見えたので「ちりり」という言葉を使ってみました。
オノマトペは難しいですね。
鎌ちゃんさんの俳句は、拝見すると「ああ、鎌ちゃんさんだなあ」と
しみじみ思う個性的なものだと私は感じていますよ!

季語をHPで調べるのもいい方法ですね。
歳時記の字、ちっちゃいですし・・・。知らない動物などは
画像や動画なども検索することができますしね。
でもデジタルでしか歳時記を持っていないので、アナログの形のものを
一つは持ちたいと思う日々です・・・。
No title
こんばんは。
そうですね。俳句は経費が掛からないから、せめて歳時記は思いのいき届くものを手元に置きたいですね。
私は「角川大歳時記」(四季別5冊)を使っています。これは良いですよ、ちょっと高いですが・・・

写真はやはり、道具と枚数ですかね。私は4時間歩けば500枚以上は撮ります。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるを実践しています。
まあ、歳時記もカメラも自分は何を目指しているのかをは把握してじっくり検討するといいですよ。
No title
歳時記。。写真付きなら、間違いないですね^^
私は写真。。携帯のみで。。
デジカメさえも。。持ち歩いてませんww
金太郎さん
こんばんは!確かに俳句は経費が比較的かかりませんね。
私は本格的に俳句に漬かりたいので、大きな歳時記を奮発して買った方が
良いのかもしれません。
『角川大歳時記』チェックしてみようと思います!

写真の方は、あくまで俳句の備忘録のようなもので、スマホ写真でもよい
かもしれませんね。写真俳句を専門にやっていらっしゃる方のブログを
拝見するとついつい好奇心から「良いカメラ欲しい・・・」とよだれを垂らして
しまうのですが。自分はまず字の方に専念すべきだと思うので写真は
ほどほどでいいかな・・・でも家電量販店に行くとカメラのパンフレットを
必ず貰ってきてしまうのでした。
カーサン4452さん
こんばんは~!最近鳥やら花やら実やら父がいないのでわからないものばかり。
写真付きだと名と姿が一致してよいですよね。
以前はデジカメを持ち歩いていたのですが、最近は気軽なスマホで
手抜き写真ばかりです・・・。

管理者にだけ表示を許可する