俳句ポスト365(兼題:枯葎)

2013.11.21.Thu.20:34
枯葎絡めば波を蹴る如し(季語:枯葎)評価→人

枯葎

まつやま俳句ポスト365、四回目の挑戦にしてやっと「人」に入選する
事が出来ました。といっても四句も投句したので、なつき組長、もとい先生が
根負けされたのかもしれません。(三句撃沈・・・)
この句は自分が幼いころ枯葎に嵌って抜け出られなくなりそうだった時を
思い出して詠んだのですが、反省点をあげると出来れば直喩でなく暗喩に
してみたかったなとの思いがあります。以前ブログの読者から
「直喩の句ばっかりだね」との指摘を受けた事もあり・・・暗喩苦手です。
そして枯葎から「絡む」が容易に連想されるのもネックですね。
ただ、「波を蹴る」という表現には一応オリジナリティがあると評価されての
「人」選だったのかなと自己分析しております。

はっ!もしかして「波を蹴る」=「並を蹴る」!?

これからは「人」にもぐりつつ、はるかな「天」「地」を目指したいです。
今回がまぐれでないと信じつつ・・・。
いずれにせよなつき先生を困らせるほどチャレンジしていきたいと思います!

参加しました。応援して頂ける方1日1回ぽちっとな♪


コメント
No title
こんにちは

「人」入選おめでとうございます。
いやいや凄いですね。

「波蹴る」の手柄だと私も思います。月並みを破るのはほんのちょっとしたことですがそれが難しくて四苦八苦していますからね。
この発想に「如し」がとれるようになると「地、天」もそうはるか先ではない気もしますよ!!
ご健吟をください。
金太郎さん
こんばんは!コメントありがとうございます♪
「人」入選、とりあえず嬉しいのですが、これを持続させるのは難しいなと
勝って兜の緒を締めよといった感じです。

やはり「波蹴る」が並を蹴った要因でしょうか。月並みに陥るのと
奇をてらいすぎるのとの両極端に走りがちなので、どこらへんに着地すれば
よいかが今の課題です。
やはり暗喩ですね。とりあえず人に潜みつつ天地を狙って頑張りたいです。
だんだん面白くなってきました!

管理者にだけ表示を許可する