俳句ポスト「ねんねこ」

2015.11.28.Sat.07:02

8ミリのねんねこの母よく笑ふ (人)

独身キャラ(?)の私には難題すぎた今回。
投句も3句が限界でなんとか引っ掛かったのが掲句。
カセットテープから着想を得て昔映写機で見た8ミリビデオに到達。
残念なのは季節感が薄いことと、有りがちな「よく笑ふ」の措辞。
工夫したかったのですが、実際に8ミリの母から受けた印象を加工する術を持たず…

ちなみにボツ句は

ねんねこを飾り虚無なる子宮かな

無理な「かな」止め、既視感ありで詩情なし。
と酒井おかわり氏に指摘されましたがその通りです。
境涯句は難しい。
でも「産めない」ことも詩にはできる、が私見。
それにはウルトラCの小手先でない技が必要で、今の私にはない。
修行あるのみ!

参加しました。応援して頂ける方1日1回ぽちっとな♪


コメント

管理者にだけ表示を許可する