名句うがち読み 第13回 川崎展宏

2016.12.29.Thu.01:34



おでん酒百年もつかこの世紀

『冬』平成15年より

世界規模で激震の走った一年であり、掲句が浮かんだ。
大衆酒場で旨いおでんをつつきながら酒を飲む。独りか、気心の知れた仲間と一緒か。卑近な話で盛り上がるなか作者は心から離れない、だが口にすれば酒も不味くなり場も白ける人類の重大問題を憂いている。誰にも言わずしみじみと世界と人間の行方に思いを馳せる。
人類滅亡の危機は昨今至るところにあるが、作者の抱く最悪のストーリーは地球の気候変動であろう。温暖化現象により歳時記が機能しなくなりつつあるこの頃である。虚子を再評価し花鳥諷詠の重要性を説いた作者としては豊かな季語が無効化してゆくのが何よりも滅びの予兆であり進行だったのではないか?〈あらぬ方へ手毬のそれし地球かな〉といった警句も残している。

他に作者の句として

「大和」よりヨモツヒラサカスミレサク
二人してしづかに泉にごしけり
炭の塵きらきら上がる炭を挽く
冬と云ふ口笛吹くやうにフユ


など。

参加しました。応援して頂ける方1日1回ぽちっとな♪

*写真素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)さんより画像を頂きました。


コメント
明けまして
おめでとうございます!!
今年も探花さんの俳句&記事を楽しみにしています。
本年もどうぞよろしくお願い致します!
めぐるさん
ご挨拶ありがとうございます!
私こそめぐるさんのご活躍楽しみにしております!百年の旗手頑張ってくださいね。
本年もどうぞよろしくお願い致しまする〜。

管理者にだけ表示を許可する