新年のご挨拶

2017.01.01.Sun.04:04

喪中で新年のお祝いが出来ないのですが、読者の皆様におかれましては、幸多い年を迎えられることを祈念致します。こんな私ではありますが本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。




2016年自選五句

[春]父子ともに握り箸なり夕蛙
[春]春愁自転の下手な星にゐる
[夏]愛しく食ぶ雪晒てふ名の鮓を
[秋]星の降り胡麻畑熟れ激戦地
[冬]薔薇の毛布や佳き死へと転院す



2017年の目標
・俳句ポスト365、一句一遊の天 (もう一度欲しい)
・NHK俳句入選 (これももう一度)
・角川「平成俳壇」での推薦または秀逸(まず佳作常連に…)
・結社に入る
・雑詠力強化
何よりも健康に留意。


こんな本も買ってみたし無理せず全力で頑張ります。





参加しました。応援して頂ける方1日1回ぽちっとな♪

コメント
わお♪
探花さん、こんにちは!
自選五句、いずれも素晴らしいですね!
「蛙」の句覚えています、『NHK俳句』入選でしたね、おめでとうございます!
辻桃子著「あなたの~」ご購入されたのですね、1ページ目の「選は創作」というくらりからもうビンビンに私の心に響いて、読んでいてすごく気持ちの良い一冊でした。
私は詩から俳句に入ったので、「だらだら書いて、結局は最後の一言だけが詩だったりする」にもまったく同感!私もいつも「これ、最後の一連(4行くらい)だけでいいじゃん」「最後の2行だけでもいいじゃん」と思うようになって、それで「これだけ言えればいいんだ」という「俳句」に傾いていったんです。
『星野立子新人賞』に応募するさいも、参考にした部分があります。
探花さんは既に上級者なので、すでにご存知のことを再確認する感じになるかとは思いますが、歯切れの良い文章に免疫力UP効果がありそうに思います。

探花さんのさらなるご活躍・ご健康・ご多幸を心より祈っております~~~!
めぐるさん
めぐるさんこんにちは!
自選と言いつつ人から選んで頂いたものばかりだったりします。今後の課題です。
めぐるさんも辻先生のご本をお持ちなのですね!さすがは先輩!なにせタイトルから気になりますよね(私だけ?)これから読んでいこうと思います。私は上級者とは程遠いのできっと目から鱗が滝のように流れるはずと期待しております。
それにしてもめぐるさんは詩から俳句に入られたのですね。なるほど、詩的センス抜群ですものね。納得。
あ、百年の旗手の御句良かったです!ブログの記事にしちゃおうかしらん?

管理者にだけ表示を許可する